いびきの原因

いびきの原因を知ろう!それでどうすればいい?

多くの方が悩んでいる寝ている時のいびきは、自分では自覚症状がないこともあります。
隣で寝ている人に言われて気づくということも多いですし、不快睡眠状態に入っていますと、自分では気づかないということも多々あります。
しかし、無呼吸症ということとも関係していることもありますし、危険をともなうこともありますので、
できれば専門期間で受診をしてみると良いでしょう。
その方によって原因が異なることもありますが、疲れ、ストレスということも原因の一つと言われています。
その原因を踏まえて、いびき対策グッズランキングを参考にするのも有効な方法だと考えられます。

 

大きく分けますと6つ原因があります。

 

肥満・口呼吸・疲労・体の構造・寝る前の飲酒・呼吸中枢の異常、こういったことが挙げられています。

 

気道が狭くなってしまったり、疲れていることで、より空気を多く取り込もうとすることで、筋肉の緩みも関係して、起こってしまうということもあります。舌が大きい・鼻が曲がっている・下あごが小さいといった構造の方ですと、いびきをかきやすいという体質の方が多い傾向もあります。

 

では、対策としてはどういった方法があるのでしょうか。

 

鼻の調子が悪かったりして、鼻腔が狭くなっている方ですと、起こりやすい傾向もあります。

 

鼻腔を広げるテープなども出ていますし、気になる方は対策として使ってみると良いでしょう。

 

次に、寝る前の深酒を控えるということも有効です。

 

なかなか飲み会の席では、そういったことが難しいこともあるかもしれませんが、毎日晩酌をされている方であれば、
飲酒する量を控えてみるということから始めてみると良いでしょう。

 

また、口呼吸が影響してしまっていることもあります。

 

口呼吸を誘発させてしまう理由として、口周りの筋肉の衰えもありますので、口周りの筋肉を鍛えるというエクササイズを行うというのもおすすめです。
肥満も原因となってしまいますので、体重を落としたりすることも大事です。

 

食事のバランスを考えたり、適度な運動をしていくことで、肥満を解消するという対策も必要です。

 

これらの対策にプラスをして、グッズなどを使っていくと相乗効果があります。

 

鼻腔を広げるテープも含めて、あとは身体にあった枕、そしてマウスピース、口呼吸をしないようにするための、口を止めるテープというのもあります。

 

自分の疲れが取れないというだけではなく、一緒にとなりで寝ている方の睡眠も妨害してしまうことがありますので、
対策を行って、いびきをかかないようにしていくという身体にしていきましょう。